スタジオでドラムの個人練習をしよう

スクールでドラムを叩けるようになってきたら、次は個人練習に取り掛かりましょう。スクールでの週1時間では、そろそろ物足りなくなっているはずです。

しかし、家にはドラムセットがないし…。大丈夫です。スタジオを個人利用すればドラムセットを叩けます。


スタジオの個人練習でドラムを叩く

もっとドラムを叩きたい、しかし家にドラムはない。そんな時は、スタジオを個人練習で借りましょう。通常、スタジオは部屋代が取られますが、前日や当日であれば個人で借りることが出来るのです。

個人練習で掛かるお金

個人練習では、だいたい1時間当たり500円から1000円掛かります。最寄りのスタジオのホームページを確認しましょう。


何を練習する?

さて、これでドラムセットを使ってドラムが叩けるようになりました。スクールでは講師の方が仕切ってくれますが、個人練習では自分で練習内容を決めなくてはなりません。

教則本で練習

スクールに行っている人はすでに教則本を持っていると思うので、書いてあるリズムパターンを練習すると良いです。この時、必ずクリックを使うようにしましょう。クリックに合わせてドラムを叩きます。

個人練習では注意してくれる講師がいないので、自分自身でチェックしなければなりません。遅いテンポから始めて、どんどんスピードを上げていきましょう。

課題曲の練習

バンドを組んでいる人は曲練習が良いでしょう。何回も曲を聞いてイメージ出来ていても、実際のドラムセットでは勝手が違います。

まずはYouTubeやスコアを見て確認し、慣れてきたらクリックを使って叩いてみましょう。勿論、上級者は曲を流しながら叩いても構いません。


1時間は意外と長い

個人練習で黙々と叩いていると、意外と1時間が長い事に気付きます。バンド練習とは違い、すぐに飽きてしまうんですよね。そのため、その日の練習内容はきちんと計画した方が良いです。

練習計画例

  1. 最初の20分で教則本練習、次の20分で曲練習、最後の20分で上手く出来ていないフィルインなどの練習
  2. 最初の20分でスコア確認、次の20分でクリックを遅くして曲練習、再度に通常の速度で曲練習

漫然とやっていると、何も掴めず1時間が過ぎるので注意して下さい。


電子ドラムやドラムパッドはどうなの?

最後に、電子ドラムやドラムパッドについて書きたいと思います。私は賃貸の1人暮らしの時に、電子ドラムを買いました。もっと練習したいという向上心からの購入です。

キックの振動が響く

しかし、この電子ドラムが意外と煩い。とくにキックの振動が煩いみたいです。結局、周辺から苦情が来てしまい、泣く泣く処分することになりました…。その間僅か3か月です。安いものでもないので、購入する時は気を付けた方が良いです。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません