不動産屋の態度が悪いのはなぜ?嫌な思いをしないために

fudousan-taido-warui


サラリーマンなら、異動や転勤で引っ越しをする人も多いと思います。そこで大事なのが引っ越し。毎回、 不動産屋に嫌な思いをさせられる人もいるでしょう。

不動産屋はなぜか態度が悪い人が多いです。これは、態度が悪くても契約が取れてしまうためです。とはいえ、こちらとしては嫌な思いは避けたいですよね。何か出来ることはないのでしょうか?


不動産屋は態度が悪くていい

なぜ不動産屋の態度はあれほどまでに悪いのでしょうか?これは、態度が悪くても契約を取れてしまうためです。

不動産屋に来店する人は、転勤、入学などの早く家を決めたい人達ばかりです。ホスピタリティ溢れる接客態度の人よりも、機械的にさばく人の方が成績はよくなりそうですよね。

彼らは営業成績を上げるため、なるべく多くの人に声を掛けます。となると、当然1人1人へのケアは弱くなります。不誠実に映ることもあるでしょう。ですが、関係ありません。不誠実でもお客さんは契約するしかないのです。


態度の悪い不動産屋対策1-店舗に行かない

とはいえ、こちらもやられっぱなしじゃ嫌ですよね。せめて、無駄な怒りを生まないようにはできないものか。

まずは会わないことを心掛けましょう。会えば会うほどストレスになります。そこで、極力接触を減らすため、直接物件に行ってみましょう。

店舗に行くと、目当ての物件以外にも紹介されたり、無駄話をさせられたりで、1日が潰れます。これは勿体ない!直接物件に行きたい、と希望すれば、目当ての物件のみをスムーズに確認出来ます。


態度の悪い不動産屋対策2-電話をしない

電話番号を教えるのもダメです。契約までは教えないで下さい。基本的にはメール推奨です。

電話で相手するのが面倒というのもありますが、文字で残しておいた方が良いことも多いです。言った、言っていない、というのが頻繁に起きるのが不動産屋。質問や交渉はメールで確認しましょう。

体験談として、以前契約金について電話で聞いた所、放置されたまま契約金の納入期限になった事があります。当たり前のように見積金額より高く提示してきたので質問したのですが、忘れられていました。怒りを覚え、この時は契約をキャンセルしました。


キャンセル推奨

怒りを覚えたら即キャンセル。これは意外と有効です。精神衛生にも良いです。

客側は契約金を納める前ならいつでもキャンセル可能です。不動産屋の態度が目に余るならキャンセルしてしまいましょう。誰も困りません、困るのは不動産屋だけです。

いつでもキャンセルできる、と思うと、多少不動産屋との付き合いも楽に思えるかもしれませんしね。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません