太ももの裏に帯状疱疹が出来るとピリピリして辛い

最近、やけに太ももの裏がピリピリするなと思っていました。3日くらい経ったでしょうか、太ももとお尻の境界に発疹が出来ていました。裏側(お尻側)です。病院に行くと帯状疱疹と診断されました。


太ももの裏に帯状疱疹?

帯状疱疹といえばお腹に出来るイメージがありますよね。今回太ももだったので、まさか帯状疱疹とは思いませんでした。ただし、よくよくネットなどを見ると、帯状疱疹は太ももにも良く出来るそうです。

発疹が出来て次の日に病院に行ったのですが、ピリピリしていた太ももの裏に2か所、痒みを感じていた足の裏にも1か所発疹が広がっていました。診断はやはり帯状疱疹です。足の裏にまで広がるとは少し驚きました。


強い痛みはないが辛い

帯状疱疹と言えばその痛みが有名ですが、私の場合は強い痛みはありませんでした。

ただし、下半身だからかピリピリして歩きにくいです。また、疲れやすくなっているのか、帯状疱疹が出ている脚に体重を掛けても辛い。そして、座っていても太ももの発疹を潰して辛い。痛みはないけど辛い状態が続きました。


1週間経っても治らず

早く帯状疱疹を治したいのですが、私の場合は抗ウイルス薬を1週間飲んでも変わらず症状が出ていました。抗ウイルス薬は、症状が出てすぐ飲まないと効果が表れにくいそうです。私の場合は初期の違和感から少し時間を置いたのがだめでした。

仕方が無いので、今は安静にして過ごしています。確かに、症状が出た頃は忙しく、睡眠時間も少なくなっていました。とにかく睡眠時間を確保し、無駄に体力を使わないようにしています。


帯状疱疹を予防しよう

帯状疱疹は体が疲れている時になるそうです。早く治すためには、とにかく休息と栄養が大事です。私もこれをきっかけに、睡眠時間を増やすことにしました。また、食事内容にも気を遣うようになりました。所謂暴飲暴食からの卒業です。

帯状疱疹は治療に時間が掛かり、辛い時間が長いです。予防して、症状を出さないようにしましょう。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません