副業で在宅ウェブライターは稼げない?

zaitaku-writer


皆さんは副業をしたことはありますか?隙間時間がお金になれば、こんなに良いことはないですよね。在宅で出来るものなら尚良いです。

在宅の隙間時間で出来る副業といえば、在宅ウェブライターです。イラスト作成、ウェブサイト作成、SNS運営は初心者にとって難しい。しかし、パソコンを使った文章作成なら素人でも簡単に出来ます。

とはいえ、初月は数千程度の稼ぎにしかならないかもしれません。


初月に稼げる金額は数百円~数千円

意気揚々と在宅でウェブライターを始めたあなた。ちょっと待って下さい。残念ながら、初月は数百円から数千円の利益にしかなりません。

なぜこんなに少ないかと言うと、仕事の受注が無いからです。ウェブライターは誰でもチャレンジできます。その分、競争相手が多く、実績の無いライターは相手にされません。低い単価で仕事請けざるを得ない訳ですね。


ライターとしての実績を作る

実績を作るためには、なるべく多くの仕事をやっていく他ありません。とはいえ、仕事はどこにあるのでしょうか?ライターの仕事は色々な場所にありますが、初心者にはクラウドソーシングサイトがお勧めです。

ライターの仕事は、企業のサイトや求人サイトでも見付けることは可能です。ただし、その辺りの割の良い仕事は既に競争相手が応募しています。そこを勝ち抜く実績が無くては、当然仕事を請けられないでしょう。

一方、クラウドソーシングサイトには受注しやすい仕事があります。それが、タスク形式の仕事です。単価は安い分、初心者でも簡単に仕事を受注出来ます。仕事を受注できない時は、一先ずタスク形式をやってみましょう。

なお、クラウドソーシングサイトで有名なのは、クラウドワークスやランサーズです。

クラウドソーシング「ランサーズ」


リピーターを作る

タスク形式を繰り返すことで実績が増えた後は、プロジェクト形式の仕事を請けましょう。タスク形式よりも単価が高いため、収入もアップしやすいです。

この時、1つ1つの記事を誠実に対応する事をお勧めします。理由は、ライターの仕事にとってリピーターが最も大事だからです。記事を気に入ってくれたら、営業努力をしなくても仕事を発注してくれるようになります。

なお、リピーターは指名のようなものです。一度指名をくれたからと言って手を抜くと、すぐに相手にばれます。お金を貰う以上、誠実に対応し続けることが必要となります。


続けることが大事!

在宅ウェブライターは、初月は数百円からスタートです。明らかにアルバイトをした方が得ですよね。ただし、経験を積めば、時給数千円になることもあり得ます。

その為にも、諦めずに続けることが大事です。コツコツと実績を作り、リピーターを作り、ウェブライターライフを楽しみましょう。

経験を積めば積むほど、1記事辺りに掛かる時間も減ります。こうなると、数万円の利益も見えてきます。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません