フリーランスに営業は必須?そのポイントは?

fleelance-eigyou



皆さんはフリーランスで定期的に仕事を出来ていますか?実は、フリーランスに営業スキルは必須です。

フリーランスと聞くと何かと自由で、好き勝手に仕事ができるというイメージを持っているかもしれません。残念ながら、現実は厳しいです。上手く営業出来ないと、仕事が無くなる事さえあります。


フリーランスになるためには営業は必須

仕事を取るということ、これはすなわち営業です。その意味で、営業無しではほとんどのフリーランスが成り立ちません。フリーランスが営業するためには、いくつか必要なポイントがあります。

最低でも押さえておきたいのはコミュニケーション能力です。常識的、かつ誠実にやりとりが出来ないと話になりません。この能力は、仕事をこなすためのスキルよりも、むしろ重要かもしれません。

例えば、相手が心地良く感じないようなやりとりだと、いくら仕事の内容が良くても次の発注はありません。世の中、フリーランスで溢れています。発注者は、気持ちよく仕事が出来る人を選ぶものです。

クライアントが、またこの人に仕事を頼みたい、と思えるような対応が必要です。ここをクリアすれば、その後の営業活動もずっと楽になります。


フリーランスはどこで営業すれば良いのか

ポイントの2つ目として、営業する場所も重要です。フリーランスは、どこで営業をすれば良いのでしょうか。

例えば、今までの経歴の中に顧客候補がいる場合は、直営業をかけても良いかもしれません。とはいえ、フリーランスは法人と同じような営業活動は難しいです。信頼性も無いですし、取引条件がシビアになる事も予想されます。会社勤めと同じ感覚では、中々苦労をするでしょう。

そこで、仕事をウェブで探すという手もあります。ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで、案件に対して提案してみましょう。条件が合えば仕事を受注できます。

ただし、いくらウェブと言えどもクライアントとのやりとりは発生します。この時、仕事だという事を忘れずに、営業活動と考えて対応するようにしましょう。

その他、SNSでスキルなどを発信し、依頼を待つという手もあります。どちらかというと受け身の営業ですが、上手くいけば仕事に繋がります。また、企業のアカウントに対して売り込み営業をかけてみても良いかもしれません。


フリーランスが営業不要になるために

ところで、フリーランスが永遠に営業活動をするかと言うと、そうとも限りません。上手く仕事を行う事で、営業しなくて良い状態へと持っていくことが出来ます。

その為には、真摯にクライアント向き合い、コミュニケーションを取りましょう。定期的に発注してくれるクライアントとの出会いは、営業不要へのステップです。

また、自分のスキルを上げて、他者が真似できない専門性を身に付けるのも手です。自分にしか出来ない仕事であれば、厳しい営業活動をせずに仕事を受注出来るようになります。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません