フリーランスの案件をどこで探す?

freelance-anken

フリーランスの最大のハードル。それは、「どうやって仕事を取るか」です。会社勤めであれば、仕事は営業が取ってくれます。一方、フリーランスの場合は全て自分で案件をゲットしなければなりません。

でも、安心して下さい。ツテが無くても、フリーランスで仕事をする方法はあります。


フリーランスの案件はクラウドソーシングサイトに

ツテが無い場合は、「クラウドソーシング」というサービスを利用しましょう。代表的なサイトとしては「ランサーズ」や「クラウドワークス」などがあります。これらは、案件を外注したいクライアントと、仕事を請けたいフリーランスをマッチングさせるサービスです。

良い仕事を見付けたら、まずは案件に応募します。見事クライアントに選ばれると、仕事に取りかかることになります。このサービスの場合、ネット上で案件一覧をチェックして応募するだけで営業活動が完了します。フリーランスは仕事に注力出来ますし、クライアントも外注先を探す手間が省けるという訳です。


クラウドソーシングを使うメリット

このように、営業活動を代行してくれるクラウドソーシングですが、最大のメリットは費用請求の代行です。なにせ、立場の弱いフリーランスはクライアントとの費用請求で揉めがちです。クラウドソーシングはお金のやり取りも仲介してくれるため、「取りっぱぐれ」を防ぐ事が出来ます。

残念ながら、フリーランスだからという理由で適当な対応をするクライアントもいます。会社を相手にする時とはどうしても変わってしまうのでしょう。クラウドソーシングの場合、クライアントは先払いをしなければなりません。そのため、支払いは確約されています。


クラウドソーシングにはどんな案件がある?

では、クラウドソーシングにはどのような案件があるのでしょうか。例えばITエンジニアの方なら、プログラミングなどの業務があります。また、Webデザイナー、イラストレーター、フォトグラファーなどのクリエイティブな仕事も沢山あります。

初心者におすすめなのは、ウェブの記事を書くウェブライターの仕事です。プログラムやデザインの能力が無くても、ウェブライターの仕事であれば誰でも始める事が出来ます。是非、チャレンジしてみましょう。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません