安全な婚活アプリの特徴4選

konkatsu-apuri


最近は婚活の選択肢としてアプリが活用されています。ひと昔前までは婚活と言えば結婚相談所や婚活パーティーでしたが、始めるのにハードルがありました。アプリなら手軽に婚活を体験できます。

一方、似て非なるものに出会い系アプリがあります。出会い系アプリは婚活アプリよりもよりライトな志向の人が多く、婚活には不向きです。また、婚活を謳っていても、その実出会い系アプリだった、という事もあります。

そこで、本記事では安全な婚活アプリの特徴を見ていきます。


1. 本人確認があるか?

まず、本人確認があるかどうかです。婚活アプリも出会いアプリも、年齢確認のため免許証などを提出する必要があります。逆に言うと、本人確認すらないアプリは危険とも言えます。

更に、独身や年収の証明書を求めているサービスもあります。流石にやりすぎな気もしますが、この辺りの証明書提出があればより安全度は高まります。本人確認書類がシビアなほど、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性は減ります。


2. インターネット異性紹介事業届

日本では、「インターネット異性紹介事業届」という制度があります。この届を出さずにサービスを提供すると違法となります。分かりやすいですよね。

安全なサービスは間違いなく届け出を出しています。皆が使っているアプリであればまず安心だと思いますが、念のため確認しておきましょう。怪しいサービスの場合、本人確認書類を出すのも危険です。ちゃんと見ておきましょう。


3. 独身のみのアプリか

結婚を目的とした婚活では、登録者は全て独身者のはずです。しかし、世の中独身のふりをする人も沢山います。独身のふりをして美味しい思いをしよう、という作戦です。

極力リスクを減らすためにも、アプリの登録条件が独身に限定されているかチェックしましょう。「独身証明書」の提出を義務付けているアプリであれば更に安心です。


4. 料金が明確か

良いサービスは不当な料金設定をしません。一方、悪質なサービスは客がいないため、どうしても取れる人から取る=高額となります。そのため、料金設定が不明瞭なサービスは使わないようにしましょう。

例えば月額課金のみなら、追加のお金も発生しないので管理が楽です。細かなオプションなどを設定されていると、知らない間にお金が取られます。このようなサービスは避けた方が良いです。


このブログの人気の投稿

Tinderでマッチング出来ない:下がり過ぎたeloスコアを見直してみる

DELL inspiron3470のM2 2280 SSD換装は取り付けるだけ

スマホVRの問題点-スマホやゴーグルの性能がしょぼいとVR体験出来ません